スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHM、Blu-spec、HQ・・・

blu shm hq

急に思いついたことで凄く書きたくなったので、連投かまします。

巷では高音質CDとやらが続々と出ているようで。SONYの「Blu-spec CD」、ユニバーサル/ビクターの「SHM-CD」、メモリーテックの「HQCD」と、自分が知っているだけでもこんなにあります。

当然、どれも普通のCDより音は良いようです。聴いたことがないのでどれだけ差があるかわかりませんが・・・。ただSACDに比べて見劣りするフォーマットであることは確かなようです。実際、SACD愛好家さん達からは否定的な意見が多いようです。

自分はというと、・・・やっぱり微妙なんですね。なんというか、スタンスが

自分としては、高音質化を狙ったフォーマットの登場ということに関しては、素直に喜びたいと思ってました。SACDに固執しすぎてあまり排他的になりすぎてもな~、とか考えてました。でも、よくよく考えてみると、Blu-spec CDってSONYさんが開発したんですよね。あらら、SACD差し置いてなにやってんすか

ここでSONYさんにはちょっと落胆させられました。
SACDの値段はだいたい定価で¥3000くらい、Blu-specはだいたい¥2500くらい。コストパフォーマンスからして、Blu-specに利があるとは考えにくい。SACDもだいたいハイブリッドになってることだし、再生機器に関してはアドバンテージにはならない。Blu-specの技術(つまりBlu-rayの技術)をSACDにも応用可能とかいう記事も見つけましたが、ならBlu-specなんて出さないでSACDの応用だけで終わらせれば良かったんでね?

もし、Blus-pecを高音質フォーマットの入門として捉えるなら、評価も変わってきたかもしれません。つまり、


SONY:Blu-specを一般コンシューマーに対して身近な存在としてアピール

消費者:おっ、けっこう音良いんでね?

SONY:そこにBlu-specの上位に当たるSACDをアピール

消費者:大して値段変わんなくね?

SONY:再生機器も激安化が進み、コストパフォーマンスも優れていることをアピール

消費者:SACDいいんでね?


・・・なんて流れはいささか理想論が過ぎていますが、つまりはSACDを立てるためにも、Blu-specを販売する際にSACDという上位の存在を世間に知らしめるべきだと思うんです。でもSONYはやらないみたいですね。

PS3のSACD再生機能も消え去り、一般コンシューマーがSACDを認知する、また試しに聴いてみる機会が明らかに減りました。SONYさんはSACDを見限ってしまったのですかね?残念です。

結局、SACDという素晴らしいフォーマットを差し置いてコストパフォーマンスも微妙な下位フォーマットの販売を促進するこのスタンスは、自分としては受け入れがたいわな、という結論に落ち着いてしまいました。


感想、同調、反論、異論、誹謗、中傷、どんなことでもいいのでコメントしてくれると嬉しいです。こんな長々と拙い文章書いたのは反省せんとな。
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメント

非公開コメント

No title

私も以前ブログで感想を述べたので御覧になられたと思いますが、同じくスタンスが気に入りません。
私は録音マスタリングの現場がないがしろにされてて高音質もクソもないだろう、と
「聴き比べ」「紙ジャケ」、本来の音楽に没頭するという行為からはかけ離れた需要が現在のCD需要の大半というのにうんざりしています・・・「聴き比べ」は一時私もやってみましたが・・なんか違うぞ、と
ソニーは結局「技術屋」なのかな、と思います
日本音楽界全体に言える事ですが、「技術屋」はいますが「技術を持った音楽家」や「音楽教養豊かな技術屋」という存在が少ない、というのに問題点があるように思います
オノセイゲン氏や伊藤八十八氏に期待したいですね・・

Re: No title

コメントありがとうございます。
やはり「音楽を楽しむ」ということを根幹に置いて音楽制作に取り組む人材が重要ですね。お勉強になりました。

No title

こんばんは。検索で引っかかったので来ました。
ソニー本体と言うよりはSMEが勝手にやっている印象ですね。ソフト屋を本体がコントロール出来ないのもSACDがこのようになった理由だと思います。
フィリップスもSACDを始めてからソフト事業を手放しましたし、ハード事業も事実上撤退しましたからね。

Re: No title

moさん、コメントありがとうございます。
つくづくお勉強になります・・・。経営が苦しいことはわかりますが、日本でSACDを扱う数少ない企業だけにもうちょい頑張って欲しいですね。
一般に浸透しないとしても確実に需要はあると思うので、SACDというスゴいフォーマットが無下な扱いを受けないことを願います。。。

No title

SACDは音がよいとは思わない。

よい音だと思ったソフトは限られる。アナログのリマスターはよい。エクストンの江崎それがしが何かと持ち上げられるがよい録音だと思ったことがない。どうもサラウンド録音と兼ねているのが原因じゃないかと疑っていた。

そしたらそのエクストンがHQ-SACDという奇妙なものを売り出した。ハイブリッドだがサラウンドなしの2chオンリーという代物。うたい文句を見て腰を抜かした。今まで聴いてきたSACDはDSTという圧縮音源だったのだ。プレヤーで解凍するときに回路にストレスがかかり電源などを通じた音質劣化があるという。HQは非圧縮のそのままのDSDが記録されているから音がよい、という。これは、いわば、サラウンド音源を抜いた2chだけのほうが音がいいって言っているのだから、とんでもない話しだ。サンプラーには比較音源がついてない。既発売の音源もない。グレードダウンのほうが音がよいというマーケッティングとしてははちゃめちゃな話しだからだ。

SACDは音がよいなどという人々はみんなだまされていたのだ。

No title

太字の文そもそもSACDのソニーとフィリップスの共同開発がCDのリベートを得る為の企業戦略・・・各ハードメーカー
をあおり、自らは相変わらずソニーのレーベルを持ちながらも数枚かのハイブリット盤しか出せなかった。DVDオーディオは他に付録としてCDもつけたたと思うが・・・早くもDVDオーディオ(ソニー以外の国内レーベル3十数社(企業含む)は撤退ししたが、新しいフォーマットやCDのマスタリングの行程で音質の向上を図っていたことは事実。

ソニーのレーベルがいまだにCD(DSD)や通常のCDしか出せないのか、明らかにSACDのリマスター音源のダイナミックレンジの
広さは幾分感じられれも、比較するCDの方が良かったりする。

そもそも測定上の理論値と人間の大脳のによる聴覚の差には見事なアンバランスが存在する。通常のCDとmp3さえ、聞きわけができない・・高音質を望むならならSACDD専用盤をなぜ作ろうとしないのか? メディアだけの問題で、解決する問題じゃないと思う。

騙されたの音響メーカーのアキュフェーズを筆頭するメーカーだけ
だと思う・・そして私もその一人

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

yoshihisa0139

Author:yoshihisa0139
性別:男
住所:神奈川県 川崎市

SACDベタ褒めなブログです。もっとバシバシ新譜出しておくれ。
DVD-Audioの二の舞にならぬよう・・・

このブログはリンクフリーです。

使用機材
・Pioneer DV-610AV
・ONKYO TX-SA606X
・てきとーなスピーカーたち(TRIO)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。